山形県天童市(有)東住宅産業です。これから家を建てたい方は、是非、綺麗な空気・健康・快適・省エネで健康寿命をのばす家の「ファースの家」をご検討下さい。

山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ 山形でファースの家を建てるなら東住宅産業へ

白鳥社長の極楽釣行 〜気ままに釣果を綴っています〜

趣味の渓流釣り。リフレッシュを兼ねて渓流を歩き、そこで出会えた渓魚たちを掲載しています。これまでの最高はヤマメの33cm、イワナ47cm、天然マス40cmです。

< Back  1 2 3 4 5 6  Next >
2019年7月21日 
今季一番の 
ここ最近週末の雨が多く、釣りにはなかなか出掛けにくかった。あまり待ってばかりだと、今度はアブのシーズンがやってくる。今日は天気も大丈夫な様だし、都合を付けて行くことにした。8時10分に自宅をスタートし、9時20分頃ホームグラウンドの川へ到着。急な斜面の谷を降りいつものポイントへ向かうが、途中の滝へ流してみようと思い立ち、ひとまず竿を出してみることにした。なかなか流しにくい場所である。一投目、二投目、三、四投目急に目印が引き込まれた。しかもでかそうだ。岸の上から慎重に取り込むと、やはり32cmあった。寄ってみて正解だった。小さなポイントなので長居はしないで、目的のポイントへ向かい崖を降りる。前回より水量が少ない様であるが、お気に入りのポイントへ投入した。一投目、二投目、、、七投目、来た!予測の通りだ。しかもかなりでかい。平らな岩に引き上げ、早速スケールを当てる。なんと36cmあった。ここも小さなポイントなので、別のポイントへとも思ったが、今日はもう満足したので引き上げ温泉に入って帰ることにした。降りてきた崖を4回ほど休みながら戻り車の所へ出た。大きなペットボトルの水で手を洗って、愛妻の作ったおむすびとおかずを食べ帰路に着く。正味2時間半の釣りだった。帰りにはゆっくり温泉に浸かった。来年からは少し若い仲間と2〜3人で楽しく釣りをしたいと思っている。連絡をくれる人がいればいいのだが。
続きを読む..
2019年7月7日 
久々に重かった腰を上げて 
今日は久々に雨の無い日曜だ。前日の6日、取引先のF氏から、私の釣り日誌を待っている人が居るとありがたい話をもらった。そのF氏の知人が、数日前に50cmオーバーの岩魚を釣ったという写真を見て、私もせめて30cmオーバー位は釣ってやろうと思い、週末の雨ばかりで重くなっていた腰を上げさっそく行くことに決めたのだった。8:00に自宅を出発し、9:10現地到着。今回の場所は大きい川なので、水量が思ったより多いようだ。少し大きめのエサを付け、流れに乗せた。一投、二投・・・六投・・反応が悪くさっぱり出ない。その後しばらくしてやっとの当たりに合わせたが、7寸位のハヤだった。その後もハヤをリリースして次にやっとヤマメが出たと思ったが、これも7寸弱位のやつだった。風が強くなって来たのでこの場所は諦めた。結局小型のヤマメ二匹とリリースしたハヤだけだった。ルアーが上手な人に会ったが、同じく釣れてはいない様だった。昼になったので、ホームグラウンドへ向かう。水の状態はとても良い様だ。一投目、二投目・・・四投目、スーッと目印が引き込まれた。来た!引き上げると、岩魚だったが8寸位しかなかった。何回か繰り返していると、一段と大きく目印が引き込まれた。ガッと合わせたとたん、“ブツッ”。0.8号のハリスがブッツリ切られてしまった。これは残念・・・。その後、リベンジして1尺2寸の岩魚を釣り上げ、3時に納竿した。この日の釣果はヤマメ二匹の、岩魚二匹だった。今日は5時から山形県スペイン協会の総会がある為、急いで帰宅した。
続きを読む..
2019年4月1日 
大満足の解禁日 
今年度の解禁日である。待ちに待った今日は、前日から知人を自宅に泊めて3時起床。3時半出発二人での釣行である。外はあいにくの天気で雨と雪だ。峠道は大変だろうと、私のランクルプラドはまだスタッドレスタイヤにしておいた。みぞれ混じりの雨で、ワイパーの活躍である。峠を過ぎ、目的地に到着した。今年は昨年のように、先客者の車はない。雪の為、通常より時間がかかり5時10分前の到着だ。天気が良くないので様子を見ながら準備を始め、雪が少し硬かったのでカンジキを着けずに出発した。第一のポイントにはすぐ到着。毎年、尺オーバーか8寸位は必ず釣るポイントだ。一投目、二投目、、ポイントへがっちり入り、目印が大きく引き込まれた。グググ…。やはりでかいやつが食っている。雪の上に引き抜いたものは、尺物だった。その後9寸と8寸が釣れ、次のポイントの落ち込みで釣れたのはなんと1尺2寸あった。結局この川での釣果は計6匹で、大満足である。8時半になったので、車でおにぎりを食べた。義母の作るおにぎりとおかずはとびきり美味い。食事後、ここから車で15分ほどの所にある第二のポイントに向かった。着いてみると水量が少し多いようだ。一投目を投入する。二投目、三投目、、、来た! 9寸の山女だった。その後の3匹を含め、二人で合計10匹で納竿。14時頃だったので、帰りに温泉に入ってから帰宅した。この釣果に、知人も大変喜んでいるようだ。晩酌用に5匹ずつ分け、笑顔で別れた。
続きを読む..
2018年9月16日 
久々に山へ 
久しぶり、約2ヶ月ぶりの釣りである。7月15日から用事があって行けなかった。もっとも、8月中はアブが多いのでパスしてはいるのだが。いつもより少し遅い9:30頃自宅を出発。10:40頃現地に到着。遅めの朝食と昼食を兼ねた、愛妻おにぎり弁当を食べ釣り場に着く。まずは堰堤の落ち込みにそっとエサを入れる。必ずいるはずである。一投目、落ち込みの白泡のそばギリギリを流す。二投目、ツーと目印が引き込まれた。・・ガツン!やはり来た!!8寸位の美しい魚体だった。その後落ち込みの際の流れの強いとこを攻める。一投目、、ポイントへがっちり入り目印が大きく引き込まれた。グググ・・・でかそうだ。釣り上げると、やはり尺物であった。ここのポイントでは3匹だった。すぐ別の場所へ移動、急な崖をしばらく下る。山椒の実がなっていて、そばを通ると香りが鼻を突く。しばらく枝を掴みながら下りて行き、いつものポイントへ。水量は少し多めだが、まずまずの様である。大きめの新しいエサを付け一投目、二投目、三投目、、来たー!やはり目算通り超大物だ。ガンガン引き込むタモもないので、岩の平らな所へ思い切り滑らせる。仕留めたものを見る。36cmあった。その後9寸8寸を含め、計6匹で納竿。満足のいく釣果だった。
続きを読む..


< Back  1 2 3 4 5 6  Next >